フリーのグリーンコーディネーターになるには

商業施設や遊戯施設、イベント会場などを植物で彩り雰囲気を作りをする職業です。植物を管理するための知識を持ち、その場にあった空気や湿度などのメンテナンスも行います。

全国的に活躍できる職業で行動力とセンスがものを言う仕事で、フリーランスとして活躍している人もいます。

グリーンコーディネーターになるにはどのような勉強が必要なのかをまとめました。

【知識と経験】

知識と経験を身につけるために、園芸店や生花店などの植物に関わりのある店で知識を身につけることが大事です。その道の専門家として、園芸装飾技能士という国家資格も存在します。3級は受験資格は不問ですが、2級以上は実務経験が必要になります。学歴により実務経験に必要な年数は変わりますが、大抵の場合は経験が必要なので未経験者び受験は不可です。

そのほかにも資格はありますが現段階ではそれほど重要なものではありません。しかし、就職を考えている際には有利に働きますので、取得しておくと良いでしょう。

【行動力】

植物に詳しいだけではフリーランスとして成功するのは難しいでしょう。自分をアピールできる能力と一日行動できる力が必要になります。

例えばですが、フリーランスとして働く決意が出来たらウェブサイトを立ち上げたりSNSを使って発信したりと現在では色々な方法があります。また名刺もありふれたものではなく、一目で印象に残るオリジナルのものを作るのも良いでしょう。

同じ職業のフリーランス仲間を作っておくと、情報の交換や仕事の依頼をもらえたりすることもあります。

 

【自動車免許】

植物関係の仕事ですが、自動車免許を持っていることに越したことはありません。観葉植物などは自分の手で運ぶことが必要になりますから、運転の技術の向上も大切です。

「フリーのグリーンコーディネーターになるには」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です