園芸店に必要なスキル

  • by

開業において特別な資格は必要ありませんが、グリーンアドバイザーやグリーンコーディネーターなどの民間資格は持っていると良いでしょう。こちらの資格を持っていることによって、ガーデニングを楽しみたい人たちへの正しい情報を提供できる専門家となるので知識を持っていることの証明にもなります。正しいアドバイスをできる店舗であればリピーターの増加も期待できます。

 

また季節の植物を取り揃える場合には、クオリティの高い品質管理が求められます。そのため、情報収集を怠らないことや場合によってはセミナーに参加することも必要になるでしょう。このような場合にはどの程度の知識を持っているかがとても大切になるので、植物と積極的に関わったり上記

方法で知識を増やすように努力してください。

 

インテリアとして植物を扱う店舗は特に、アレンジメントやディスプレイのセンスとテクニックが必要になります。顧客の目に分かりやすい要素でもあるのでとても大事な要素です。こちらも場合によってはセミナーに参加したり、実務を通して知識を取得していくことが求められます。

 

専門店の場合に特殊な植物を取り扱いたい場合は、それなりの知識を求められます。例えば、絶滅危惧種に指定されていたり遺伝子組み換え技術で栽培されていて特殊なケアが必要な植物です。これらは法律で規制されている品種も少なくないので、しっかり調べた上で取り扱い顧客に説明して販売してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です